ブルーキャップをとろう!~4歳児編~

こんにちは、さいです。

次女みかんちゃんがブルーキャップ取得のため、
トークアロングカードにチャレンジしました。

みかんちゃんは、
左脳派なのか、
何も考えないでリピートするのが苦手。

"This is a bird"のカードを"This is bird"と言うので、
「aだよ」と強調して教えると
次の"This is blue"を"This is a blue"と言ってしまいます。

「aはいらないんだよ」って言っても
「???」となってしまいます。

結局似たようなカードを集めて録音して応募しました。
キャップをとるためのワールドファミリーになってしまっていて、
英語をできるようにするには色んなバリエーションを録音したほうがいいのは
わかってはいるのですが。。

以前から思っていたのですが、
ワールドファミリーの「楽しく」のコンセプトと
キャップのための「正確さ」のバランスが難しいです。

「違うよ」って言うとこどもは嫌になってしまうし、
passできないと、それもこどものモチベーションが下がります。

続けることを重視して、
似たようなカードを10枚応募することにしました。

いずれ英語ができるようになることを信じて頑張ります!

この記事へのコメント