英語嫌いにさせないのが大事って本当?

こんにちは、さいです。

長女むぎちゃん1年生は英語が嫌いだそうです。
それを聞いたとき

「えー!!嫌いにさせたらダメっていうのに・・・」

と正直ショックでした。


その後、

「既に嫌いなら、嫌いにならないように気を使わないだけ楽だわ」

と、考えるようになりました。


そして、ふと
「どうして英語だけ嫌いにさせたらいけないんだろう」と思うようになったのです。


漢字の練習、嫌いな子多いですよね。
何度も同じ字を書き続けるのつまらないし。

でも、
「漢字が嫌いなるから漢字練習させないほうがいい」
というアドバイスは聞いたことはありません。

国語の音読、正直、むぎちゃんは好きではなりません。
でも、
「宿題だからしなさーい」って言いますよね。
そして、
「今はスムーズに読めないから苦手かもしれないけど、
続けていけば楽になるから」
と説得するはずです。

無理に音読させると読むのが嫌いになるから
読ませない方がいいという結論にはならないと思います。

算数も然り。
計算問題嫌いでも、苦手でも
親は必死にやらせます。
できないと困るから。

そうなんです!
できないと困るんです。
漢字も、音読も、計算も、そして英語も。

そこに好き嫌いを挟む余地はありません。

嫌いになることを恐れるより、
嫌いな時期を乗り越えたら楽になる。
楽しくなる、と発想を切り替えることが大事なのではないでしょうか。


この記事へのコメント