オンライン英会話~フィリピン人講師ってどうなの?~

こんにちは、さいです。

オンライン英会話に多い、フィリピン人講師。

フィリピンは人件費が安い上に
公用語が英語だから
フィリピン人が多いというのが
フィリピン人講師が多いと言われています。

フィリピン人ではなく、ネイティブに教えて欲しい!と
言う人も多いのですが、
ネイティブは全員発音がいいのでしょうか。

マイ・フェア・レディのイライザも訛りがひどいことから
ストーリーが始まります。

英語を第一言語とするオーストラリアが訛りが強いことも有名です。

さいの知り合いでイギリス人がいるのですが、
彼の英語は英語ができる人からすれば訛っているそうです。
(イギリスでも訛りがないのはロンドンだけ、と訛りがあると
指摘した人は言っていました。)
ちなみに、さいには訛りがあることは全くわかりませんでした。

では、オンライン英会話でネイティブとレッスンできるところを選ぶ場合、
その講師に訛りがないと言えるでしょうか。

さい程度の英語力の場合、
その講師に訛りがあるかわからず、
次のレッスンではその講師を避けることも難しいと思います。

高い料金を払ってまで
ネイティブにこだわるのか、疑問です。

では、フィリピン人は訛りがないのかというと
そこは人によると思います。
「その発音、あってるのかなぁ」と思うこともありますし、
違和感なくレッスンが終わる人もいます。

ただ、多くの場合、単語の発音の問題で
VやL、Rの口の動かし方は学ぶことが出来るので
同じ訛りの一人の先生からレッスンを受け続けない限りは
そんなに問題がないのではないかと思います。

とはいえ、正しい発音で学びたいニーズはあると思うので
ネイティブにこだわるよりも
講師の質にこだわっているオンライン英会話を選ぶのがいいと思います。


次に、時差。

例えば、社会人のオンライン受講者が増える日本の夕方、
ロンドンは午前中です。
ニューヨークは朝方、
サンフランシスコは夜中です。

アメリカ人講師を揃える場合、
ニューヨーク周辺に住んでいて
朝6時頃から仕事をしてくれる人を探す必要があります。

発音がよくて教えるのが上手な人で
敢えて早朝の仕事を選ぶ人・・・探すのが大変そうです。

フィリピンは日本と時差が1時間なので
オフラインの英会話教室の多くが夕方開講していることを
考えれば、そんなにハードルは高くなさそうです。

ネイティブキャンプは若い先生が多いので、
大学生がアルバイトとして講師をしているケースも多いのかもしれません。

「えー、アルバイトかぁ」という声が聞こえてきそうですが、
日本の大学生のアルバイト、有名大学ほど家庭教師や塾の講師の割合が
高いので、そんなに違和感のある話ではないと思います。

もちろん、お金に余裕があれば
英語を教える資格を持っているネイティブ講師や
もっといえば、英語を教える資格を持った海外在住年数が長い日本人に
教えてもらうのが理想かと思います。

ネイティブというだけで高い費用がかかるのであれば、
フィリピン人講師、コスパいいと思います。
オススメです。


この記事へのコメント