1年生の通信教育レビュー(6月)

こんにちは、さいです。

長女むぎちゃんが小学生にあがる際に
自宅学習を何にするか決められなかったさいと夫とら。

1年生のうちは簡単だし、
2年生に上がる時に検討すればいいよね、ということで
気になるのは全種類初めて見ました。

サピックスのピグマキッズ
Z会ハイレベル
ポピー
七田小学生プリント

をむぎちゃんは使っています。
3ヶ月目にして多すぎて苦しくなってきています涙

その中でダントツ難しいのは七田プリントです。
サピックスやZ会より難しいのは意外でした。

その中でも国語プリントについては、
2年生の漢字が出てきたり、
その割に書き順がふってあるだけで
きちんとこどもが読まないので
書き順が適当になってしまったりと
説明をきちんと読まないむぎちゃんには弊害も多い様子。

七田の国語は書かせる問題が多くていいという
特徴がありますが、
問「〇〇はどう思いましたか」
むぎちゃん「嬉しいなって思いました」
と全く文章を書く練習になっていないむぎちゃん。

早くも国語プリントIIは買わないことが決定しました。

Z会やサピックスは
1年生の段階では育てていこうとするけど
七田は既に優秀な子ではないと難しい印象です。

七田は幼児教室や幼児向け教材が充実しているので
そういうもので鍛えられている子が向けなのかもしれません。

とはいえ、
七田英語プリントは使いやすいです。
右脳も少なくてもIIまではやるつもり。

生活は1年2年でワンセットだったし、
特に不満はなし。

算数については、続けるか悩んでいます。


ポピーは学校の成績がいいことが
モチベーションアップにつながりそうなので
続けたいと思っています。

ピグマとZ会どちらがいいかは
その時により印象が違うので
まだ判断しかねています。




この記事へのコメント