グアム旅行記~最終日~

こんにちは、さいです。

グアム旅行もいよいよ最終日。

ホテルの一般的なチェックアウト時間は12時ですが
さいのチェックアウト時間は13時になっていました。

朝ごはんはロイヤルクラブラウンジで。
すっかりお世話になったラウンジも今日お別れです。

お出かけの帰りにふらっと立ち寄って
ジュースを飲んだりと本当にお世話になりました。

ご飯のあとは、ベルカウンターによって
飛行場への送迎の時間を確認です。

この時、JTBの送迎か聞かれるので
PICの送迎です。事前に予約してありますと伝えました。
PICの送迎を利用する人は少ないので、
しっかり主張しないと、JTBのツアーデスクにいけ、とか
間違った指示を出されるので注意してください。

何時か聞かれたのですが、よくわからないので困っていると
飛行機の時間を聞かれ、「じゃあ、2時ね」と2時に予約を入れてくれました。

部屋に戻って荷造り。
これが大変でした。

アクアシューズがビッチョビチョ。
前日ベランダに出しておいたのですが、
全く乾いておらず。

未使用のゴミ袋はたくさん持ってきていたのですが、
水を含むと重いので
飛行機に乗る際、20キロを超えて超過料金にならないように
必死で乾かしました。

水着も同様です。

13時5分前に部屋を出て
チェックアウト。

ホテルを出る時間は14時なので
一時間ほどロビーで時間を潰しました。

14時5分前にベルカウンターへ。

14:00に送迎を予約していることと
名前を伝えると
ベンチで待つように言われ、
数分でバンが来てくれました。
(料金はホテルの部屋付になっているので支払済です。)

通常、5分くらいで着くみたいですが、
道が渋滞しています。

運転手さんが飛行機のチェックイン時間に間に合わないのではないかと
心配してくれています。

10分くらい経った後、
飛行機の時間を聞かれ、「16:40だから大丈夫」と答えると
ほっとしていましたが、「2時間前までにチェックインしないといけないから」と言っていました。

その後、「コリアエア?」と聞かれたので「デルタ。日本人だよ」
というような会話をしながら空港まで行きました。

グアム全体なのかPICだけなのかわかりませんが、
一番多いお客さんは韓国人で次に日本人、中国人は少しだけとのことでした。

確かに、ホテルのスタッフさんも韓国人が多く、
飛び交う言語も韓国語が多かったです。

グアム=日本語が通じるというイメージだったのですが、
時代は変わるものですね。

さい的には英語しか通じないけど、
下手な英語に現地の人が慣れているレベルが
練習も兼ねてちょうどいいので、
ベストな環境でした。

チェックインをして、荷物を預けるときに
搭乗口で席を交換するアナウンスをしますと言われ
出国審査へ。

大人は靴を脱がないといけません。
アンパンマンジュースに関するやりとりがあり、
(詳細持ち物編をご覧下さい。)
出国審査へ。

グアム国際空港はフードコートが少しと免税店。
お土産物コーナーとKIOSK的な本屋がありました。

でも、どこも人が溢れています。

韓国人が多いかな。日本人もいます。

お昼を食べていなかったので
バーガーキングで買って
レジャーシートを敷いて食べました。

この時点でみかんちゃんご就寝。

トイレも工事中のトイレとかあって
女子トイレは外まで行列だし、
ちょっと大変でした。

飛行機の中ではむぎちゃんは座ったあと寝てくれて
みかんちゃんは着陸一時間前に起きたそうですが
おりこうでした。

入国審査を経て、
スーツケースを送るべくABCカウンターへ。
(ABCカウンターとは小さくしか書かれていないので
宅配便のコーナーに行って聞けば大丈夫です。)
アメリカンエクスプレスセゾンゴールドなら1つ無料で送れるので
送りました。
8時少し前に手続きしたのですが、
都内なら翌朝着にもできるそうです。

そのまま、成田エクスプレスのみどりの窓口へ。

9:30頃の指定を予約していたので
変更する場合手数料いくらか聞くと無料です、とのこと。
ラッキー!!

無事、早い時間の成田エクスプレスの指定席に替えることができ、
帰路につきました。

帰りはスーツケース1つになったのでJRの駅からタクシーで帰りました。





この記事へのコメント