たしざん九九

こんにちは、さいです。

長女むぎちゃんは年長さん。
どうやら、足し算が苦手な様子。

「むぎちゃんがりんごを3個持っていました。
みかんちゃんは2個持っていました。
あわせていくつ?」
「5」
わかってるじゃん!って思ってもう一問。

「むぎちゃんがりんごを4個持っていました・
みかんちゃんは2個持っていました。
あわせていくつ?」
「5」
わかってなーい!!

実際に鉛筆とかをその数並べればわかるのですが
頭の中で数えられないみたいなんです。

それは100歩譲っていいとして、
むぎちゃんが持っているりんごの数が増えているので
りんごの合計が増えていないことに違和感がないものなのかしら。。。

なんかもうお手上げ状態です。

そこで、足し算九九をしてみることにしました。

足し算は暗記じゃなくて概念で教えないと意味がないというのも立派な意見。

でも、概念を理解できるまでに「算数=苦手」となったら
意味がありません。

それに、冷静に考えると
さいも
6+7=13って毎回計算しているわけではなく
覚えているんです。

さいはそろばんをやっていたので
23+29だと頭の中でそろばんで計算します。

でも、6+7は計算しません。

こどもが指をつかって計算するときも
1+1は指を使わずに2とわかる。
4+3は指を使って計算する子の場合、
概念がわかっているというより、1+1を覚えているのだと思います。

むぎちゃんも数の概念は未熟ですが、
10+10は保育園で流行っているのは覚えています。

このような検討を経て、
足し算九九にチャレンジしてみることにしました。

今日で二日目なので、
1ヶ月後経った頃に再度レビューします。

この記事へのコメント