早起きの薬

こんにちは、さいです。

寝起きが悪い長女むぎちゃんに効果的な
早起きの薬を見つけました!

それは・・・お菓子です。

起こし方はこんな感じ。
「今、5時30分だから、32分までに席に座ったらお菓子あげるね。」
「聞こえた?(以下同文)」
「起きないと貰えなくなっちゃうよ。後1分だよ。」
「1分って60秒しかないよ。お席に座らないと貰えないよ。」
「大変!あと40秒しかない。お菓子いらないの?」
このあとはカウントダウン。

無事に席につけたらお菓子をあげます。

毎日甘いものってどうなの?という批判はありますが、
大変なのは習慣になるまで。

習慣になったらどうとでもなります。
5歳になったのを機に
「5歳になったから、ママが起こした日はお菓子はなしね。
自分で起きれた日だけお菓子あげるね」としてもいいし、
なんとでもなります。

今大事なのは、
早起き=眠くて苦痛 を 早起き=いいことがある
に概念を変えることです。

早起きが習慣になるまでは
眠いし、苦痛だし・・・。

メリーポピンズの歌でお砂糖ひとさじで、というものがありますが、
お砂糖ひとさじで苦い薬が飲めるようになるんです。

お菓子一欠片で苦痛な早起きが楽しいことに変わったのなら
それは素敵なことだとさいは思います。

この記事へのコメント