早起きのコツ

こんにちは、さいです。

前回の記事はきっかけの紹介でしたので、
今回はコツを紹介します。
初めにステップ、次にNG行動について書きますね。

1、早起きした生活を具体的に思い浮かべる
2、(できれば)家族・友人等に宣言する
3、早寝をする
4、続ける
 4-1、寝坊しても目が覚めた時点で素早く起きる
 4-2、寝坊しても4-1をクリアーしていたら自分を許す
 4-3、目が覚めたらすぐに布団から出る


1、早起きした生活を具体的に思い浮かべる
   まず、「意志力」でいうところの「望む力」の設定です。
   できるだけ具体的に思い浮かべます。
   子育て中なら子供から解放されて○○のCDを聞く!とかいいかもしれません。
   さいは怒りんぼの負のスパイラルから脱出することが目標ですw
   具体的にいうと、朝トラブルがあっても保育園(会社)に遅刻しない生活です。
   保育園に預けたあと走らずに歩いて駅まで行ける生活です。
   朝こどもとおしゃべりしながら保育園まで歩いていける生活です。 
   朝ご飯の時におしゃべりしながら食事をできる生活です。

2、(できれば)家族・友人等に宣言する
   これの効果は早起きした時の反応です。
   朝頑張って起きて「あれ?今日は珍しく早いね」と言われるのと「頑張ってるね」と言われるの、
   休日の朝「たまにはゆっくり寝たら?」と言われるのと「休日なのに起きて偉い!」と言われるの、
   さいは後者のほうが断然やる気アップです。
   お友達でも早起き宣言すると朝ごはんのおいしいお店行こうか?という話になるかもしれませんし、
   雑談の中で「もっとゆっくり寝ればいいのに」ということを言われる可能性も低くなります。

3、早寝をする
   意志力は疲労していると下がるそうです。
   遅寝早起きは疲労が蓄積します。
   早寝をするにはパワーがいるので、早寝をするのが一番です。
   さいはこどもと一緒に9時か10時に寝ています。

4-1、寝坊しても目が覚めた時点で早く起きる
   起きたら予定より1時間遅かった!こういう時もあると思います。
   そういう時、多くの人は二度寝します。
   これは心理学では「どうにでもなれ効果」というそうです。
   でも、ここで二度寝をすると早寝ができずに翌日も起きられません。
   どうにでもなれ効果に負けずに起きましょう。

4-2、寝坊しても4-2をクリアーしていたら自分を許す
   これも海外で実験が行われています。(実験はダイエット中のカロリーオーバーですが)
   自分を許したほうが冷静になれて次に失敗する可能性が減るんですね。
   ここで自分を許さないと自己嫌悪に陥りどうにでもなれ効果にハマる可能性大です。
   「今日は寝坊したけど、目が覚めたらすぐ起きれたし、いつも私は頑張っている。
   たまにはこういう日もあるさ」と自分を許してあげましょう。
   この実験結果、さいも目から鱗で信じられない気持ちなのですが、
   ここで失敗を許さないと早起きの習慣化を諦めてしまうことになりかねないので、
   勇気を出して自分を許して、翌日早起きしましょう。

4-3、目が覚めたらすぐに布団からです。
   さいはこれで二度ほど失敗しています。
   特に目覚ましが鳴る前に起きたときは要注意です。
   布団にいると二度寝する可能性大です。  
   これも海外での実験ですが、机の上の瓶にいれたお菓子と引き出しにいれたお菓子、
   減りがはやいのは机の上の瓶だそうです。
   人は目の前に誘惑があると弱いんですね。
   朝の布団なんて誘惑の宝庫です。すぐに離れるのが一番です。

こんな感じで、毎日続けます。

さいは早起き歴10日ですが、
以前は7時でも早起きいう認識でまだ寝たかったのですが、
今は6時半でもゆっくり寝たと思えます。

最後にNG行動ですが、

早起きして夕飯の準備をする!という目標は(さいも考えました)、
夕飯の材料買い忘れた、とか、
昨日の夕飯の残りがあるから今朝は作らなくていいとか
今日は疲れてるから出前でいいや、とか
夕飯を作らない言い訳が早起きをしない言い訳に結びつくのでやめたほうがいいです。
目標は早起き+好きなこと にするのがいいみたいです。

そして、早起きとダイエットは同時にしないほうがいいです。
早起きって慣れないと疲れます。
疲れると甘いものが欲しくなるんですね。
そこで甘いものを我慢するとストレスが重なり、
些細なことでイライラして、
こんな生活理想的じゃない!早起きなんてやめる!ってことになりかねません。

さいは昨日疲れていてチョコシェークが飲みたいところを
我慢してフルーツの生ジュースを買いました笑

早起きの習慣化、よさそうな方法を見つけたら
また記事にしますね。

   

この記事へのコメント