雪の保育園

こんにちは。
さいです。

さいの住んでいる地域は普段は雪は降りませんでした。
ここ数年異常気象なのか時々雪が積もります。

こどもは雪遊びで楽しい♪のですが、
大変なのは保育園の送り迎え。

その中でも特に印象深かった出来事と
その後仕入れた情報を書きます。

当時のむぎちゃんは、歩行はできるけど
雪の中歩くのは現実的でないレベル。

そうなると保育園に行く手段は
・公共の交通機関
・タクシー
・自家用車
・抱っこ
・ベビーカー

残念ながら公共の交通機関は保育園に向かう方向にはないので断念。
自家用車はスノータイヤじゃないし、さいは運転できないので却下。

タクシーは電話してもつながりません。

抱っこは、大人一人でもやっと歩けるような雪の中、
バランス悪いし、足元見えないので長時間歩くのはきつい。

そこでベビーカーで出発しましたが、
雪かきを全くしていない道では進まず途中で引き返してきました。
ここまでで試行錯誤の時間を含めて、一時間ほど経過。

通勤時間を過ぎてるし、タクシーを拾おうと外へ。
結局タクシーに乗れたのはその一時間後。

その結果・・・
むぎちゃんは翌日熱を出し、さいは会社を休みました。
それなら雪の日休みたかったー、というのが正直な感想。

その後、色々情報収集や準備をしました。

まず、さいのスノーブーツを購入。
普通のブーツの底がギザギザになっているのだけのと違って
全然滑りません。
今でも重宝しています。

ベビーカーには麻の紐をタイヤに巻くといいと聞いたので実践。
これは失敗でした。
紐切れちゃいます。
効果もあまり感じられず。

インターネットでベビーカーの雪の日対策を探しましたが見つかりませんでした。
先日、雪国出身の人に聞いたら雪国ではベビーカーは使わないとのこと。
どうりで探しても見つからないわけです。

雪の日なかなかつかまらないタクシーについては、
運転手さんに聞くのがいちばんだと思い
タクシーに乗るたびに話題にしてみました。

何人目かでやっと理由がわかりました。

そもそも雪の日には出勤してる運転手さんが少ない。
運転手さん自身が出勤できないこともありますが
個人タクシーはまず仕事をしないそうです。
大きなタクシー会社が最低限の車で営業している程度のこと。

普段雪の降らない地域ではタクシー運転手も一般の車も不慣れなため
事故が多い。
タクシーは自分が事故を起こさなくても
事故をもらっただけで仕事にならない。
営業効率が非常に悪いんですね。

供給(タクシーの台数)が少なくて需要が多いので
タクシーがなかなかつかまらない訳です。

タクシーに関するさいの結論。

週間予報で雪マークが出た段階で
タクシーを予約するしかない!

予約すると高いんですけどね。。。
週間予報変わってしまう可能性あるし。

次女みかんちゃんを妊娠したこともあり、
実際タクシーを予約して雪の日に出勤したことはまだありません。

実践したらまた報告します。




この記事へのコメント